タッチパネル不良で修理に出したXperia Z3 Compactが返ってきました!


タッチパネルの不良によって修理に出してたZ3 Compactが返ってきたので、症状や修理代金について書いてみようと思います。

症状

最初の症状は5月~6月あたりだったと記憶しています。上部をスライドして通知領域を下ろそうとしても中々下ろせないことがありましたが、この時点ではそれ以外は正常だったのでタッチパネルの不良とまでは考えませんでした。

しかし、7月に入ったあたりからナビゲーションバー(スクリーン下部)も反応が悪くなり、最終的にはスクリーンのどの部分をタップしても完全に反応しなくなりました。

Twitterで「Z3 タッチパネル」あたりのワードで検索すると出て来る症状には、バッテリーが膨張してタッチパネルが反応しなくなるものと単純にタッチパネルが反応しないものがありましたが、私の個体では後者でした。

そして店舗へ

その頃、、Twitterで同じ症状で修理に出したところ無償で修理されたというツイートを何件か見て、ドコモショップに持っていこうと思いました。しかし、私の個体は白ロムのためドコモの補償には入っていなかったので有償でも仕方ない、くらいの気持ちで行きました。

そして、受付で中古であること、そのため補償には入っていないという2点を伝えて出してみました。受付の方がしばらく電話で応対していましたが、結果的には今回のタッチパネルの不良については無償修理で対応させて頂く、ということになりました。


修理完了

そして、修理に出してからちょうど3週間後に、修理に出したドコモショップから修理完了の電話がかかってきました。その日には行けなかったので後日受け取りに行きました。

返ってきたZ3 Compactはタッチパネルの修理だけではなく外装交換もされてほぼ新品状態でした。ドコモで修理に出したのは今回が初めてでしたが、修理と一緒に外装交換も行われる場合が多いようですね。これで無償だったので最高の対応だったと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿

【!】当ブログに書かれている内容を実行する場合は全て自己責任で。