Xperia Z3 CompactにXperia A4のftfを焼いてみた!Lollipopかつ国内機能も問題なく使用可能。


Xperia Z3 Compact(SO-02G)にXperia A4(SO-04G)のftfを焼いてみました。

焼いて起動出来るのか?

結論から言うと可能です。コードネームこそ変わっていますが、プラットフォームはZ3Cと同じShinanoR2のままです。
去年のXperia Z1fとA2のような関係です。

ただし、ftfを焼いた履歴はTA Partitionに記録され改竄することは出来ないのでそれが怖いならばSO-02GのLollipopを待ったほうが良いです。

【追記】root権限を保持したままSO-02GをLollipopにするならこちらの方法でどうぞ。SO-02Gのftfを使うことを推奨します。

国内版XperiaのAndroid 5.0.2 Lollipopでのroot権限取得方法(SO-01G/SO-02G/SO-03F) | ぺっぱーろぐ!国内版XperiaのAndroid 5.0.2 Lollipopでのroot権限取得方法(SO-01G/SO-02G/SO-03F) | ぺっぱーろぐ!

必要なもの

・Xperia Z3 Compact(SO-02G)
・Xperia A4 SO-04Gのftf
・Flashtool
・XperiFirm(Flashtool最新版に含まれてます)

手順

まずはFlashtoolをインストールしておいて下さい。FlashtoolからXperiFirmのアイコンを選んで起動します。



Xperia A4を選んでftfの素をダウンロードします。Flashtoolから起動した場合はダウンロード完了後に自動でftfが作成されます。



ftfが作成されたらFlashmodeのボタン(稲妻マーク)を押してSO-04Gのftfを焼きます。

焼く際にデータを残したいのなら、Wipe dataのチェックを外し、Exclude Partitionにチェックを入れてください。


WipeやExcludeの設定を終えたら「Flash」ボタンを押します。端末の電源を切って音量-ボタンを押しながらMicroUSBケーブルでPCに接続し、Flashmodeにして焼きます。

※Flashが終わるまでは絶対にPCとの接続を解除しないでください。ほぼ確実に文鎮になります。

Flashが終わったらケーブルを抜いて、電源ボタンを押して起動します。

これで完了です。

気がついた変更点(国際版Lollipopとの差異含む)


・フォントが国際版と違う箇所がある

XperiaのLollipopでは、フォントがモトヤマルベリからソニーモバイルUDゴシックになりましたが国際版とは少し違う箇所がありました。Google Nowで気が付きました。



AndroPlusさんによるとフォントのバージョンが違うようです。


・通知領域のトグルでサウンドのトグルが使える



何故か国際版Lollipopでは無かったサウンドのトグルですが、ドコモ版には存在していました。音量ボタンでの切り替えは面倒なので良いと思います。


・スクリーンショットを撮った時に音が出なくなった(カメラアプリ以外)

マナーモードになっているかを問わず、スクリーンショットを撮った時の音が出なくなりました。確認してみたところ、カメラアプリ以外では音が出ないようです。


・アンテナピクトの表示がかなり変わった


上がドコモ版(SO-04G)、下が国際版(D5803)のアンテナピクトです。LTE表示の大きさがかなり違うことがわかると思います。個人的には無駄にスペースを取らない国際版の表示が良いですね。


いくつか私が気が付いた点をまとめてみましたが、常用に問題は無いです。ちなみにSO-02GにLollipopが来たらそちらを焼きなおすつもりです。



4 件のコメント :

  1. 初めて投稿させていただきます。
    Xperia Z3にXperia Z4のftfを焼いてみようと思ってたところ
    この記事を見ました。
    どうでしょうか?
    Z3で可能と思われますか?

    返信削除
    返信
    1. Z3CとA4はハードウェアが全く同じなので焼いて起動できますが、Z3とZ4では中身がぜんぜん違うので無理です。
      そもそもloader.sinで弾かれて焼けません。

      削除
    2. 早速のお返事、ありがとうございます。
      国内版のアップデートを待ちます。
      ありがとうございました。

      削除
  2. SO-02GにSO-04G 23.1.B.1.213のROM焼きはダメっぽい。

    返信削除

【!】当ブログに書かれている内容を実行する場合は全て自己責任で。