Xperia solaもAndroid5.0 Lollipopの未来へ!Unofficial SlimLPを導入してみた。


Xperia solaにAndroid5.0 Lollipopのカスタムロムを導入してみました。

導入手順

もちろんですが、Bootloader unlock済であることが前提です。

以下のXDAスレッドから、Slim-pepper-5.0.1.alpha.0.8.zip(最新版を使う)、GAppsのzipをダウンロードしてください。
[ROM][UB][5.0.1] Unofficial SlimLP [Alpha 0.8] | XDA Forums

さらに、以下のリンクからSuperSUのzipもダウンロードしておきます。
SuperSU Download - CF-Root download page

ダウンロードしたzipは全て端末の内蔵ストレージにコピーしておいてください。また、最初にダウンロードした「Slim-pepper-5.0.1.alpha.0.8.zip」は解凍ソフトで「boot.img」だけを解凍しておいてください。

端末の電源を切り、fastbootモード(Xperia solaは音量-ボタンを押しながら)でUSBケーブルでPCに接続します。
そして、コマンドプロンプトから以下のfastbootコマンドを入力します。
fastboot flash boot boot.img

そして以下のコマンドで再起動します。
fastboot reboot

再起動したら、音量-ボタンを数回押してTWRPを起動します。
TWRPに入れたらメニューからWipe -> Advanced Wipeと進んで、data, cache, dalvik cache, systemにチェックを入れてwipeを実行します。(full wipeを推奨します)

wipeが終わったらTWRPのホームに戻って、Mountsを選んでsystemに入っているチェックを外します。

次にホームのInstallから「Slim-pepper-5.0.1.alpha.0.8.zip」をインストールします。この時はまだGApps、SuperSUのzipは焼かないでください。
インストールが終わったらメニューのreboot system nowから再起動します。起動したらWi-Fi設定を行い、もう一度再起動してTWRPを起動してください。

そして、InstallからGAppsとSuperSUのzipをインストールしてRebootで再起動します。
これで導入は完了です。

初回起動時はかなり時間がかかりますが、気長に待ちましょう。

起動するとこんな感じです。Androidバージョンは最新の5.0.1です。




通知領域もかなり変わっています。通知を表示している状態でもう一度引き下げるとトグルが出てきます。



動作面について書くならば、GAppsを焼くと動作がかなり重くなります。また、主要な機能はほとんど動作しますが不安定な挙動をすることもあるので常用はまだ厳しいと思います。
しかし、アルファ版でこれだけ動くのでバージョンアップを重ねて改良されるとは思います。

最新のAndroidを感じたい方は、ぜひ試してみてください。


0 件のコメント :

コメントを投稿

【!】当ブログに書かれている内容を実行する場合は全て自己責任で。