Xperia Z1/Z1 f(14.3.B.0.310)でのroot権限取得、カスタムリカバリの導入の手順



従来のprerooted.zipを使う方式です。

昨日の記事で書きましたが、towelroot、rootkitXperia_20140719の利用していた脆弱性(CVE-2014-3153)が塞がれたので使えません。
なので、prerooted.zipを作成してCWMなどからSuperSUのzipと一緒に焼く必要があります。

準備するもの

・SO-01F_14.3.B.0.288_docomo.ftf(root取れるバージョン)
・SO-01F_14.3.B.0.310_docomo.ftf(root取るバージョン)
rootkitXperia_20131207.zip
Z1-lockeddualrecovery2.7.154-BETA.flashable.zip(自分の機種にあったものを)
twrp_prerooted_Z1f.zip(Z1にも使えます)
SuperSUのzip
7-zip Command Line Version

SO-01Fのftfを持ってないのなら、XperiaFirmなどを使ってファイルの素を手に入れて作りましょう。

まず、14.3.B.0.288などでroot権限を取得してカスタムリカバリを導入しておきます。
それについては過去記事を参考にどうぞ。

【追記】Towelrootを使用したAndroid4.4のXperia Z1、Z2シリーズでのroot権限取得の手順 | ぺっぱーろぐ!【追記】Towelrootを使用したAndroid4.4のXperia Z1、Z2シリーズでのroot権限取得の手順 | ぺっぱーろぐ!

prerooted.zip作成の手順

7-zipコマンドライン(7za.exe)とSO-01FのftfをC:\Flashtool\firmwaresに配置しておきます。

そして、「firmwares」フォルダをShiftキーを押しながら右クリックで、「コマンドウィンドウをここで開く」を選びます。



コマンドプロンプトが開いたら以下のコマンドを実行して、ftfからsystem.sin、kernel.sinを取り出します。
7za e SO-01F_14.3.B.0.310_docomo.ftf kernel.sin
7za e SO-01F_14.3.B.0.310_docomo.ftf system.sin

Flashtoolを起動して、tools→Sin Editorで「kernel.sin」を開いて「Extract data」ボタンをクリックします。
同様に「system.sin」も開いてExtract dataしてください。



処理が完了すると、「kernel.elf」「system.ext4」の2つのファイルが作られます。
zipにこれらのファイルを追加します。

先ほどと同じ手順でコマンドプロンプトを開いて、以下のコマンドを実行します。
7za.exe a -tzip twrp_prerooted_Z1f.zip kernel.elf
7za.exe a -tzip twrp_prerooted_Z1f.zip system.ext4

ファイルの追加処理が終わればprerooted.zipの作成は完了です。
Xperia側の内蔵ストレージやSDカードなどにSuperSUのzipと一緒にコピーします。

prerooted.zipのインストール

Xperia側でCWMなどのカスタムリカバリを起動します。
ここでの手順は、CWMを使うものとして説明します。

メニューのinstall zipから、作成した「twrp_prerooted_Z1f.zip」とSuperSUのzip、「Z1-lockeddualrecovery2.7.154-BETA.flashable.zip」をインストールします。
インストールが終わったら再起動せずに一度電源を落とします。

そして、Flashtoolで「SO-01F_14.3.B.0.310_docomo.ftf」を焼きます。
Wipeのチェックは全部外して、ExcludeはSYSTEMとPARTITIONにチェックを入れ焼いてください。

そして、再起動すれば完了です。

【!】当ブログに書かれている内容を実行する場合は全て自己責任で。