国際版Xperiaの公式Bootloader unlockの手順について



国際版Xperiaの公式のBootloader unlockの手順をまとめてみました。

基本的に国際版なら公式の手順でunlock出来ます。
キャリア版は日本に限らず公式の手順ではunlock出来ません。(日本版Xperia、Xperia Z1sなど)
ただし、2011年XperiaのようにOmniusやwotanという非公式な方法でのunlockもあります。
また、キャリア版でなくともXperia CのようにMediaTeKのSoC搭載機はunlock出来ないようです。


Bootloader unlockをする前に

Bootloader unlockをするとメーカーの保証が無効になります。
運悪く文鎮させてしまった場合は自分で解決するしかありません。
内蔵ストレージとユーザー領域がフォーマットされるので必要なデータはバックアップしておきましょう。

あと、unlockする前にこのツールを使ってのTA partitionのバックアップを推奨します。

[TOOL] Backup TA v9.10 for Windows [20131228]

設定→アプリケーション→提供元不明のアプリにチェックを入れておき、USBデバッグをオンにしてPCに接続します。
そして1を入力してEnterキーを押せばバックアップされます。





公式Bootloader unlockの手順

Bootloader unlock出来るのかはServiceMenuから確認できます。
電話アプリから「*#*#7378423#*#*」を入力すれば起動できます。
Service info→Configurationから「Bootloader unlock allowed:Yes」となってることを確認します。
ここがNoだとunlock出来ません。
Yesであることを確認できたら、IMEIも控えておきましょう。




そして、Sony Developer Worldのページに行きます。

Unlocking the boot loader | Sony Xperia

「Start unlocking the boot loader」をクリックします。
Instructionsのページを読んで、「Continue」をクリック。
次のページもよく読み、「Yes, I'm sure.」をクリックします。



Legal Termsのページの内容を理解したら2つ共にチェックを入れて「I accept.」をクリック。




そして、次のページで名前(適当でOK)、IMEI、メールアドレスを入力します。
先ほど控えたIMEIは15桁ですが、後ろの1桁を消して14桁にして入力します。




すると入力したメールアドレス宛にUnlock Keyの書かれたメールが届きます。



fastbootドライバをこの記事を参考にして導入しておきます。
Windows8.1(update1)でもできる!Xperiaのfastbootドライバをインストールする方法。

端末をfastbootモードで接続して、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。
0xKEYのKEYの部分は先ほど発行されたUnlock Keyに置き換えて実行してください。
fastboot.exe -i 0x0fce oem unlock 0xKEY

そして、以下のコマンドで再起動します。
fastboot reboot

これで完了です。
あとはカスタムカーネルを焼くなり、CyanogenModを焼くなり好きに出来ます。


【!】当ブログに書かれている内容を実行する場合は全て自己責任で。