第3のモバイルOSとなるのか?FireFox OSをXperia arcに導入してみる。



XDAにXperia arc用のFireFox OSがあったので試してみました。

Bootloader unlock、fastbootドライバ導入済みであることが前提です。
Bootloader unlockに関しては以前の記事を参考に。
【過去記事】Omniusより安い!WotanでSO-01CのBootloader unlockをしてみた。

用意するもの
・Bootloader unlockされているXperia arc
・fastbootドライバの導入(コマンドが通るようにしておく)
full_anzu-ota-eng.n1kolaa.zip

導入手順
「full_anzu-ota-eng.n1kolaa.zip」の中に入っている「boot.img」を解凍します。

端末の電源を切り、fastbootモード(Xperia arcはメニューキー押しながら)でUSBケーブルでPCに接続します。
そして、コマンドプロンプトから以下のfastbootコマンドを入力します。
fastboot flash boot boot.img

そして以下のコマンドで再起動します。
fastboot reboot

再起動したらボリュームダウンを数回押してCWMに入ります。
CWMが起動したら、メニューからwipe data factory resetをします。
そして、install zipから「full_anzu-ota-eng.n1kolaa.zip」をインストールします。
インストールが終わったらメニューのreboot system nowから再起動しましょう。
これで導入は完了です。

スクリーンショットを交えながら軽く説明したいと思います。
スクリーンショットは電源ボタンとホームボタンの同時押しで保存することが出来ます。

ロック画面です。
iOSに似た感じもありますが、これもカッコいいと思います。
通知も表示されます。



ホーム画面はこんな感じです。
4ページに別れてアプリドロワーやSNSへのショートカットがあります。



ステータスバーを下にスワイプするとAndroidのような通知領域が出てきます。
トグルもあるのはいいですね。



ホームボタンを長押しするとiOS7やHTC Senseに似た感じのタスクスイッチャーが出現します。
左上の×ボタンを押せばアプリを終了することが出来ます。



設定アプリはAndroidそっくりです。
設定項目もAndroidと同じようなものが多かったですね。




アプリはMarketplaceという専用のストアから入手できます。
数はそこそこあるものの、クオリティはイマイチな印象です。



ブラウザも普通に使うことが出来ました。




OS自体は日本語に非対応です。(中華フォントになったりはしませんが)
スクロールがカクついたり、タッチへの反応がいまいちだったりと、常用に耐えうるものかと言われるとまだまだ厳しいものがありますね。
しかし動作自体はローエンド用なだけあって重くは無いです。

Sony Mobileは2014年にはFireFox OS搭載のスマホを発売するかもしれないという話もあるようです。
2013年のローエンドのBootloader unlockされたXperia EはEmmaからFireFox OSを試すことが出来ます。
でも、それだけのために買うのはちょっと・・・と思う方や、FireFox OSに興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント :

コメントを投稿

【!】当ブログに書かれている内容を実行する場合は全て自己責任で。