Xperia arcのICS化、root取得、CWMの導入(.562)



2011年Xperia恒例の備忘録です。(少し修正しました)

準備するもの
・Xperia arc(Bootloader Lockedでも可)
Flashtool
SMUS(SonyMobileUpdateService)
LT18i_4.1.A.0.562.ftf
DooMLoRD_v1_Xperia-2011-ICS-ROOT-emu-busybox-su.zip

Flashtool、SMUSはインストールされている前提です。

ICS化手順
1. ダウンロードした「LT18i_4.1.A.0.562.ftf」をflashtool/firmwareに配置します。

2. Flashtoolを起動して稲妻マークをクリックして「LT18i_4.1.A.0.562.ftf」を選んでOKボタンを押します。
端末の電源を切り、Flashmode(arcはバックキー押しながら)でUSBケーブルでPCに接続します。
焼き終わればICS化は完了です。


root権限の取得
1. 設定→アプリケーション→提供元不明のアプリにチェックを入れておく。
設定でUSBデバッグをオンにしてPCに接続。

2.  DooMLoRD_v1_Xperia-2011-ICS-ROOT-emu-busybox-su.zipをダウンロードして解凍して出てくるフォルダの中にあるrunme.batを実行。



3. 何かキーを押すとroot化処理が自動進行するので、ALL DONE!と出るまで放置。
終わった後、アプリドロワーにSuperuserがあれば成功。
SuperUserのアプリとSUバイナリを更新しておきましょう。

4. Flashtoolで「LT15i_4.1.B.0.587_Generic Global World.ftf」のカーネルのみを焼いて完了。(Wipeは全部外し、ExcludeはKernel以外にチェックを入れる)


CWMの導入(要root)
1. Google Playからx-Partsをインストールして、起動する。
2. 起動するとroot権限を要求されるので許可する。
3. INSTALLSタブに切り替えて、「pvyParts 5.5.0.4 Recovery」を選んでインストールする。



以上で完了です。

2 件のコメント :

  1. 初めてコメント書きますツイッターのフレアです
    このページの解説で無事ics化&root化出来ました!
    私は、LT15iの部分をLT18iででやりました
    解説ありがとうです

    返信削除
    返信
    1. LT18iのftfでないと出来ない人が割りといるようなのでそっちに書き換えておいたほうが良さそうですね

      削除

【!】当ブログに書かれている内容を実行する場合は全て自己責任で。