Xperia PLAY SO-01Dのroot取得、CWMの導入



Xperia PLAY(SO-01D)のroot関連の備忘録です。
ドコモ版2011年Xperiaなら使えるみたい?

SO-01Dのビルド番号4.0.1.C.1.31での方法です(.21も可)

準備するもの
rootkitPLAY.zip
CWM-Install.rar


root権限の取得
設定→アプリケーション→提供元不明のアプリにチェックを入れておく。
さらに開発→USBデバッグにチェックを入れてUSBでPCに接続。

rootkitPLAY.zipをダウンロードして解凍してでてくるフォルダの中にあるinstall.batを実行。

実行すると自動的に処理が進んでいくので、端末が再起動されてPC側で「完了しました」と出ていれば完了です。
アプリドロワーにSuperuserがあれば成功です。SUバイナリの更新をしておきましょう。




CWMの導入
CWM-Install.rarをダウンロードして解凍してでてくるフォルダの中にあるinstall-cwm1.cmdを実行。

PCにUSB接続すると自動的に進行していきます。
あとはコマンドプロンプトに従って何かキーを押すだけでCWMのインストールが完了します。

電源を入れた時のSony Ericssonのロゴで音量の−ボタンをを数回押すとCWMが起動します。



Xperia PLAYではコントローラーでの操作も可能です。
コントローラーでの操作は、縦持ちで見て十字キーの上下で移動、STARTボタンで決定ができます。
ただし、戻る操作だけはバックキーでないと出来ないようです。
【!】当ブログに書かれている内容を実行する場合は全て自己責任で。